soft-tennis **NEWS**

楊勝發・林鼎鈞(台湾)が出場 札幌国際大会

今年もいよいよ大詰め。今日から年内最後のビッグイベントである日本リーグが広島市で開催される。何度も書いてきたが日本リーグは団体戦の最高峰。試合数もおおくソフトテニスを堪能できる。
広島県立体育館広島グリーンアリーナ)アクセスはクリック

また週末には札幌で恒例のYONEX CUP国際インドア大会が開催。日程が重なったのは誠に残念だが、こちらには台湾のエースでアジア競技大会個人2連覇の楊勝發(ヤンシェンファ)が林鼎鈞とのペアでやってくる。李佳鴻とのペアでないのが残念だが、林鼎鈞とのペアはそれはそれで興味深い。
北海道立総合体育センター(キタエール)Imgp2482
画像は今年9月の台湾全国運動会より。

韓国男子、台湾女子が三冠!! チャイニーズカップ2011

第10回チャイニーズカップ国際大会 中国台州市6月14日〜18日Imgp3601

日連から資料いただきましたのでフロントページにのせました。以下も追加、修正しておきます。(7月6日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やや不完全ながらチャイニーズカップの速報を(後ほど補完します)。
日本はユース(U21)のチームが参加している。上画像は女子で3種目に優勝した鄭(台湾)。まだ高校を卒業したばかり。画像は昨年の二つの銀メダル(団体、ミックスダブルス)を獲得したアジア競技大会(広州市)より。

男子団体 
優勝 韓国B(達城郡庁単独チーム)
二位 日本
三位 韓国A(ソウル市体育局)

女子団体
優勝 台湾(中華台北)
二位 中国
3位 日本

男子シングルス
優勝 パクキュチョル(韓国 達城群庁)
準優勝 ---(北朝鮮)
3位 イスヨル(韓国)

女子シングルス

優勝 ツァオリー(中国)

準優勝 江婉埼(台湾)

男子ダブルス

優勝 パクキョンテ・ヤンチンハン(韓国)

準優勝 桂・内山(日本)

女子ダブルス
優勝 鄭竹玲・陳翊佳(台湾) 
二位 柏原・石井(日本)

ミックスダブルス
優勝 鄭竹玲・何孟勳(台湾)
二位 柏原・内山(日本)

******************************************************************

日本選手団 

男子 桂(早稲田)、内山(早稲田)、増田(同志社)、小栗(早稲田)、今井(明治)、船水(東北高校)
女子 徳川(タカギセイコー)、宮下(タカギセイコー)、榎本(NTT西日本広島)、黒木(NTT西日本広島)、石井(早稲田)、柏原(早稲田)

国際熊本大会(熊本インドア)出場選手(1.21追記 2,1画像追加、修正)

国際ソフトテニス熊本大会 2月13日 熊本総合県立体育館

熊本インドアが国際大会の名を冠するようになり今年で5年目。海外選手の招待は6年目になる。地上波テレビ中継の実現とあわせて地方招待インドアの最高峰の存在としてすっかり定着したといえるだろう。今年も台湾、韓国から男女それぞれ一組づつが招待されている。
台湾(中華台北)
男子 郭家瑋・楊智晴(台北体育学院)
 2010アジア競技大会国別対抗金メダル(郭)

 2009中山盃シングルス優勝(郭)

 2009台湾全国運動会シングルス優勝(郭)

 2009台湾全国運動会ダブルス優勝(楊)

女子 韓佳玲・張文馨(台湾体育学院)
 2010アジア競技大会国別対抗銀メダル

 2009中山盃シングルス優勝(張)

 2009チャイニーズカップシングルス優勝(張)

韓国
男子 チョウソンジュ・ウヒョンコン(順天市庁)
 2010中山杯国際大会ダブルス優勝
 同ミックスダブルス優勝(チョウ)
 2008アジア選手権国別対抗優勝(チョウ)
 同ミックスダブルス準優勝(ウ)

女子 カンミンジュ・キムヘジョン(テグ銀行)
Imgp7580new
左上からから チョウ、ウ、郭、楊、韓、張

8名中5名が4大国際大会出場経験者であり、3名が広州アジア競技大会代表ということになる。
注目は韓国男子のチョウ・ウ組でこのペアで昨年の中山杯国際大会に出場。圧倒的強さで優勝している。

以下21日追記

日本選手も無論豪華な顔ぶれ。広州アジア大会代表が5人招待されている。

男子

鹿島・中本(学連 早稲田) 2009国際ジュニアU21ダブルス優勝、2010全日本学生優勝 2010チャイニーズカップシングルス優勝(中本) 同ミックスダブルス優勝(中本)、2008天皇杯全日本選手権優勝(鹿島)

水澤・岩崎(NTT西日本広島) 2010天皇杯全日本選手権ベスト8、2008天皇杯全日本選手権ベスト4(水澤)

女子 

佐々木・大庭(NTT西日本広島)2010アジア競技大会ダブルス銅メダル同大会国別対抗団体戦金メダル、2010皇后杯全日本選手権優勝、2009NHCUP国際大会優勝 

杉本・森原(東芝姫路) 2010アジア競技大会国別対抗団体戦金メダル 同ダブルス金メダル(杉本) 2009中山盃国際大会ダブルス優勝 2007皇后杯全日本選手権優勝(杉本)Imgp5017

↓2010中山盃国際大会 チョウ・ウvs,村上・後藤

智光山公園テニスコート

5月16日17日に開催される全日本シングルスの開催コートである智光山公園テニスコートについて、問い合わせが何件かあったので、お知らせします。

電車でいく場合は西武新宿線『狭山市駅』で下車、狭山市西口より西武バス『智光山行き』に乗り終点下車です。狭山市駅からは約20分乗車とのこと。

狭山市駅バス時刻表

辻、濱中、上嶋が復活!?

明後日19日から始まる西日本選手権に濱中選手が逢野選手とのペアでエントリー。
また来週、新潟で開催される全日本実業団選手権に辻、上嶋の両選手が東芝姫路Bのメンバーとして出場予定。お近くの方はお見逃しなく!!

全日本社会人 韓国トップ実業団がエントリー

ソウル体育局(ソウル市庁―男子)
CHOI JI-HUN / HYUN KYUNG-OH 
YOU SANG-YOUL / PARK KYUNG-TAE 
LEE BYUNG-OK / KIM JONG-BIN 

農協チーム(女子)
KIM JI-EUN / LEE BOK-SOON
PARK JIN-A / LEE JOO-RI
LEE JAE-EUN / CHOI MIN-HEE
OH SU-JIN / KIM YUN-KYEONE
Imgp6303
Imgp6416

西日本選手権

記録的な豪雨となった熊本で開催された西日本選手権は月曜までかかって終了。最後にのこった一般男子で優勝したのは中堀・高川。スコアがすごい決勝の4−2以外はすべて4−1!!

西日本選手権

九州は大雨で大変な状況だが、そのまっただ中の熊本で西日本選手権が開催されている。雨で外のコートはつかえないので、ドーム12面をつかっての進行になっているそう。12面とはいえ昨日は一般男子はおこなえず、今日からスタートとのこと。一般女子はこれを書いている時点でベスト4がきまるかというところ。ベスト8には東芝から4組(玉泉・上嶋 辻・佐伯 ・・・・)。NTT西日本から2組(渡邊・堀越・・・・)、NTTドコモ(高橋・宗久)、サンライフ(朴・林)

新ナショナルチーム

2006年のナショナルチームが日連HPhttp://www.jsta.or.jp/に。
今年はいうまでもなくアジア五輪イヤー。期待は高まる。

金耿漢来日 他

最近の更新をまとめて

11月25日 東アジア五輪観戦記その1をアップ 
東アジア五輪ギャラリー 10月30日朝の日本チームモンゴル選手団会場周辺風景をアップ

11月24日
12月11日 に北海道立総合体育センターきたえーるで開催されるヨネックスカップ国際札幌大会に李源學・金耿漢(韓国)、黄軍晟・葉佳霖(台湾)、中堀・高川(NTT西日本広島)、花田・川村(京都市役所・岡山市役所)、菅野・佐々木(学連)、松口・小林(学連)、寒河江・森田(高体連)、高橋・網淵(北海道)
金環連・李敬朷(韓国)、李憶青・方燕玲(台湾)、渡邊・掘越(NTT西日本広島)、玉泉・上嶋(東芝姫路)、河野・濱中(ナガセケンコー・広島女子商ク)、佐藤・緒方(ヨネックス)、渡邊・平田(学連)、逢野・今給黎 (学連)  他が出場。なかでも世界選手権以来2年ぶりの来日となる金耿漢に注目したい。最近の彼についてのコラム
ダブルフォワードシンドローム2をアップ。
彼は掛け値なしに凄い選手である。お近くのかたはお見逃しなきよう。


11月19日 東アジア観戦記
ウイニングショット! 玉泉三冠!! をアップ。

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31