ローンテニスATP

錦織圭

錦織圭の話題が沸騰だ。日本の男子プロテニスがこれほど騒がれるのはシュウゾーのウインブルドンベスト8のとき以来だろう。
 2002ごろ、錦織圭の練習を何度も見る機会があった。彼がまだ渡米前の数年11才〜のころである。体も小さかったが、テニスのセンスは際立っていた。ボブブレッドが目の中にいてもいたくないとでもいうような風に、かわいがっていたのが強く印象の残っている。
それほど水際立った存在感のある選手だった。渡米後もマニアの間では彼の動向は逐一チェックされていて、それは驚きをともなった報告であることがおおく、ブレークする日がくるに違いないと予感させるものがあった。しかし、これほど早く頭角を表すとは驚き以外のなにものでもない。しかもグランプリ優勝というにわかに信じられないような偉業を達成した。鈴木(貴)や本村のような俊才がテニス人生をかけても達成できなかったことをわずか半年で成し遂げてしまった。
 彼についてシュウゾーは、僕と比較するような選手ではない、といいきる。とんでもない選手に成長したものである。
ルックスもさわやかで、しかもたくましくもあり、ますます人気はあがるだろう。

 心配なのはソフトテニスへの影響だ。漫画『テニスの王子様』ブームではそのおこぼれにあずかったソフトテニス界は中学生の競技人口がふえたことを無邪気によろこんだ。しかし、本物の王子さまが登場したとなってはそうのんびりしていられるだろうか?錦織圭はとてつもない夢をあたえたのである。おおくの親が、少年が、その夢を追いかけようとするだろう。ソフトテニス離れがすすむ、それどころかソフトテニス排斥運動がおこりかねない。錦織圭があたえたような夢をソフトテニスがあたえることができれば別だが・・・

JAPAN OPEN

東京でこれほど本格的な雨が続くのは全く例外的だろう。現在、有明ではジャパンオープンが開催中だが、スケジュールはめちゃくちゃになってしまった。明日は晴れそうだが、また週末にかけて崩れるらしい。
ジャパンオープンはチケットが必要なショーコートとフリーのアザ−コートがある。日程の後半はショーコートのチケットがないと、お話にならないが、前半から中盤にかけてはアザ−コートでも充分に堪能できる。ゲームもももちろんだが、超一流たちの練習をまじかでみることができるのだ。しかもタダで!!うまくすればサインももらえる。ジャパンオープンをみるなら前半というのが持論である。休んで行く価値は充分にある。選手関する知識が豊富だと、魅力は倍加、いや10倍になる。雑誌、CS等での勉強が実を結ぶ時だ。

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31