ニュース

韓国代表選抜戦 アジア選手権

Dsc00537

今年秋に台湾で開催されるアジアソフトテニス選手権。前回大会(2008)で7種目中6種目に優勝した韓国の代表選抜戦が3強(日本、台湾。韓国)のトップをきって南部の都市チンジュで進行中。画像は大会第3日(20日)の開始式の様子、この日は朝から雨、試合開始が13時、すべての予定を消化したのは21時近くだった。

第9回中山盃国際大会 3月23、24、25日 台湾台中市

  第9回中山盃国際大会が3月23、24、25日の日程で台湾中部の台中市中興テニスコート(サーフェースアンツーカー)開催される。

もともとオープン大会の団体戦としてスタートした本大会、第2回よりエリートクラスが別枠で設けられ、国家代表クラスを各国から招待したハイグレードなトーナメントをメインに据えた。以後8年、台湾が毎年開催する国際招待大会として定着。日本連盟も毎年ナショナルチームより毎年精鋭をおくりこんでいる(大会の詳細や日本代表についてはここをクリック!!)。

Imgp6540_3種目は男子ダブルス、女子ダブルス、男子シングルス、女子シングルス、それに昨年新設された団体戦の5種目。

この団体戦がユニーク。一見ただの3組点取りなのだが、一番が男子ダブルス、2番が女子ダブルス、3番がミックスダブルスとなっている(昨年の第一回団体戦は林田・巽、高橋・山下の日本チームが優勝している。降雨のため決勝は抽選だったが)。

今年は韓国が2年振りに参加決定。その他、タイ、モンゴル、マカオ等が招待されている。

日本からは
男子 鹿島・井口(ヨネックス)
女子 深澤・宮下(東芝姫路)
監督 田中弘(ナショナルチーム女子監督)
が参戦。4人とも代表経験こそないもの次代を担う期待の選手であることはいうまでもない。

注目の韓国はなんと男女2ペアづつのエントリー。内3人が代表経験者(四大国際大会)となる。
男子

PARK KYUHEE/CHO JAEEON(陰城郡庁)

KIM KISUNG/LEE JONGWOO(昌寧郡庁)

パクキュヒは2009のNongHyup 2009 Internationalにおいてシングルス準優勝。国際大会未出場ながら常にシングルス上位で活躍する強打者。フォアもバックも強烈のひとこと。
イゾンウは2008年アジア選手権の 団体優勝メンバーだ(2005東アジア五輪にも出場)。菅野・柴田との苦しい3番勝負を戦い抜き、韓国男子に久々の団体優勝をもたらした。トリッキーかつ 天才的なひらめきと技術をみせるおよそ韓国らしくない選手。キムキソンとのペアはおそらくダブルフォワードになるではないだろか?

女子

CHOI SEUNGJU/NAM HYEYEON(テグ銀行)

KWON RANHEE/LEE EUNMI(沙下東区庁)
沙下のクォン・イはかつて2009熊本インドアに出場している。ともに2007アジア選手権代表。クォンは2010アジア競技大会、2011世界選手権と3大会連続で代表入りを果たしている。名門テグ銀行のふたりついては詳細不明。Imgp8096左上から イゾンウ、パクキュチョル、キムキソン、クォンランヒ、インウンミ

晩秋にアジア選手権開催を控える地元台湾も昨年の代表を中心とした選手が出場予定。

アジアカップ国際大会開催  

Imgp6189
第16回 アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会
3月10、11日 広島市中央庭球場他
詳細は広島市連HP

3月10、11日の日程でアジアカップひろしま国際大会が開催される。この大会は他競技ではおそらく類例のない、またありえない真の意味でのオープン大会であり、実にユニークだ。世界チャンピオンからジュニアをふくめた末端の選手までが同じ土俵で戦うのである。試合は3ダブルスによる点取りの団体戦。

今回は偉大なチャンピオンである地元NTT西日本広島の高川経生選手の引退の場ともなる。
彼の引退についてなにか書こう書こうと考えているに日がどんどんすぎていく。

高川選手を最初にみたのは、確か彼が大学一年のときの天皇杯だとおもう。いやそれ以前かもしれないが鮮烈な印象として残っているのはその岐阜での天皇杯なのだ。なんと1991年いまから21年前のことになる。そんな彼がついに引退、万感の想いがあるのである、それがなかなか言葉となってでてこない。

上記画像は昨年の天皇杯と二月(右)の全日本インドアでの高川

大会は韓国、台湾、モンゴル、中国からも参加。昨年の世界選手権男女団体を制した韓国からは韓国国体優勝のソウル市体育局(男子)、安城市庁(女子)が参戦。ともに国家代表クラスをかかえている。
台湾は若いチーム(例年にくらべやや寂しい顔ぶれ)、複合チームというか、ピンドン県のメンバーを中心としたチームで、男子には昨年代表の賴立煌・何孟勳、女子にはやはり昨年代表の郭千騎、詹佳欣がふくまれている。

スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」

全日本高校選抜ドロー

全日本高校選抜の組み合わせが日連ホームページ

国際熊本大会テレビ放映

2月12日に熊本県立体育館で開催された国際ソフトテニス熊本大会が例年どおりテレビ放映される。

2月25日12:00- 熊本朝日放送(一時間番組)
http://www.kab.co.jp/pc/

熊本ローカルなのが残念だが、視聴可能なかたはお見逃しなきよう。

全日本高校選抜出場校一覧

全日本高等学校選抜ソフトテニス大会 
 3月29-30日 名古屋市ガイシホール(JR笠寺駅下車すぐ) 

昨年末より各地区で行われてきた予選の結果が大会結果等掲示版に投稿されている。すべてが出そろったようなので以下に一覧をまとめた。
投稿ありがとうございました。

同大会は春の高校生の祭典(団体戦のみ)。昨年は震災の影響で中止となったので2年振りの開催となる。

出場校一覧クリック

国際タイトル保持者が7人!国際熊本大会開催!2月12日

Imgp6257左から中本圭哉、ヤンヂンハン、上原絵里、杉本瞳、森原可奈、佐々木舞、大庭彩加

毎年 韓国、台湾から選手を招待している国際ソフトテニス熊本大会。今年も内外から豪華メンバーがそろった。(さらにいうなら内外の招待選手18人中13人が昨年の世界選手権代表)

世界タイトルをもつ中本(2011世界選手権ダブルス優勝)、佐々木・大庭(2011世界選手権ダブルス優勝 2010アジア競技大会国別対抗団体優勝)。ホンムンヨン(2011世界選手権団体優勝 韓国聞慶市庁所属)

アジアのタイトルをもつヤンヂンハン(2008アジア選手権ダブルス優勝 ソウル市体育局)、アジア競技大会の団体ゴールドメダリスト 杉本、森原、上原、佐々木、大庭の5人も勢揃いだ。杉本、上原は同ダブルスのチャンピオンである。

台湾からは世界選手権代表の賴立煌・何孟勳、鄭竹玲(アジア競技大会ミックス銀メダル)・陳翊佳が出場、ともに次代の台湾の担うであろうホープである。
Imgp3999

なかでも注目したいのはヤンヂンハンだ。なんども書いてきたが今みていてもっとも面白い選手の一人なのである。その尋常でない運動量が観客を圧倒してくれるはずだ。今回ペアを組むのは最近、韓国内で組む事のおおい同じチームのパクキョンテ。国際大会出場経験はないが韓国上位で活躍している。

ヤンと中本と対戦すればタイトルホルダー同士の見応えあるゲームとなろう(昨年の世界選手権でも対戦し手に汗握る攻防となった)

2月12日 熊本県立体育館(クリック)
右画像 左上から長江、堀、品川、藤崎、ホンムニョン、賴立煌.何孟勳、陳翊佳、鄭竹玲.、パクキョンテ

主な出場ペア 

男子 パクキョンテ・ヤンヂンハン(韓国 ソウル市体育局) 賴立煌・何孟勳(台湾) 品川・中本(早稲田) 堀・長江(NTT西日本広島)

女子 杉本・森原(東芝姫路) 佐々木・大庭(NTT西日本広島) 上原・藤崎(ナガセケンコー) 鄭竹玲.・陳翊佳(台湾) ホン・ムンヨン・パク・ギョンラン(韓国 聞慶市庁)

(緒方・荒木 他の熊本代表選手も出場) 


全日本社会人学生対抗インドア オーダーオブプレー

Imgp5805
男子
社会人vs.学生
 鹿島・井口  vs, 林田・巽
 村上・高川 vs. 桂・泉山
 篠原・小林 vs. 早川・向井
 森・大友 vs. 小栗・能口
 吉川・久野 vs. 品川・中本
 松口・山口 vs. 増田・柴田
 堀・長江 vs. 荒武・後藤

女子
社会人vs.学生
 大森・曽我部 vs. 河合・薮下
 上原・大庭 vs. 水松・東海
 中村・阿部 vs. 安川・石井
 杉本・山下 vs. 今井・岡田
 佐々木・森原vs.柿崎・神谷

注目は大胆にペアを組み替えた社会人女子。さすが中本監督といえよう。
ただ今日の練習で山下が故障、出場がむずかしくなり、選手変更となる様子。

男子では篠原・小林vs.早川・向井のダブルフォワード対決に注目か?

明日は10時に開会式、試合開始は10時40分。

会場 名古屋市 ガイシホール(クリック)

上画像は今夜行われた関係者によるレセプションより、各チームの選手紹介。各チームユニークな話術で会場は笑いにつつまれた(邦和スポーツランドにて)

宮崎インドアに中堀選手が出場!!

Imgp3210

毎年トップクラスを数組招待している宮崎正月インドア、今年は全日本社会人学生対抗と重なったが、こちらも豪華な顔ぶれがそろっている。なかでも目玉は昨年度で第一線を引いた中堀(NTT西日本広島)が招待されていること。全日本ランキング一位のまま引退したわけだから、まだまだ実力は第一級いや超一級!!ぺアは昨年社会人選手権(ベスト8)で組んだ森本。
(画像は2010広州アジア競技大会団体戦での中堀)

その他、アジアチャンピオンの平田(ナガセケンコー)、先日の東京インドアで初優勝した深澤・宮下(東芝姫路)等のビッグネームが招待されている。
主な出場選手 男子 中堀・森本、館腰・原(NTT西日本広島)、稲積・塩埼(日体大桜友会・ふれあいク)、玉川・川淵(三重高校教員・ヨネックス)

女子 﨏田・小林(NTT西日本広島)  森田・平田(ナガセケンコー) 深澤・宮下(東芝姫路) 府藤・田中(ヨネックス)

第43回全国招待宮崎正月インドアソフトテニス大会
1月22日 宮崎市総合体育館

詳細は宮崎県連HP

全日本社会人学生対抗出場選手

全日本インドア(大阪インドア)、東京インドアとならんで3大インドアと称される全日本社会人学生対抗インドアが1月21日名古屋市ガイシホールで開催される。団体戦というユニークな形式はいかにも招待インドアらしい祝祭的な趣があり、みていて楽しい大会である。出場選手はいうまでもなく超豪華。

詳細は愛知県連HP(クリック)
Imgp8136_2(画像は昨年の大会より 高川経生選手(NTT西日本広島)

男子
社会人チーム 監督 中村謙氏(ヨネックス) 選手 [篠原、山口(日体大桜友会) 小林(ミズノ) 松口、鹿島、井口(ヨネックス)村上、高川、堀、長江(NTT西日本広島) 吉川、久野(宇部興産) 森、大友(大鹿印刷)]

学生チーム 監督 小野寺剛氏(早稲田) 選手 [増田、柴田(同志社) 品川,中本、桂、泉山、小栗、能口(早稲田) 早川、向井(立命館) 荒武、後藤(愛知学院) 林田・巽(日体)]

女子
社会人チーム 監督 中本裕二氏(NTT西日本広島) 選手 [杉本、森原(東芝姫路) 佐々木.大庭(NTT西日本広島) 上原、阿部(ナガセケンコー) 中村(ヨネックス)、山下(山口県体育協会)、大森,曽我部(太平洋工業)] 

学生チーム 監督 織田みゆき氏(東京女子体育大) 選手 [水松,東海、柿崎(日体) 安川,石井(早稲田) 今井、岡田(関西学院) 河合、薮下(中京) 神谷(東京女子体育大)]

より以前の記事一覧

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31