« 第7回アジア選手権 日本代表選考 男子優勝 水澤悠太・岩崎圭(NTT西日本広島) | Main | 移転しました »

国際大会6大会連続出場を自ら決めた上原絵里(ナガセケンコー)

Imgp0776Imgp0773Imgp9970

アジア選手権ということでは2大会連続2度目、国際大会ということでは6大会連続6度目の出場を決めた上原絵里(ナガセケンコー)。その6度のうち3度(2007、2008、2012)が予選会優勝での自力出場である。どういうわけか皇后杯、全日本インドアという全日本タイトルの縁のない彼女だが(全日本社会人優勝はある)、この予選会と国際大会での強さを抜群なのである。ベースライナーとしての完成度はダントツ、特にストロークの多彩さでは他との比較を絶している、彼女のプレーをみることはほんと楽しい。

« 第7回アジア選手権 日本代表選考 男子優勝 水澤悠太・岩崎圭(NTT西日本広島) | Main | 移転しました »

2012アジア選手権関連」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50900/54674520

Listed below are links to weblogs that reference 国際大会6大会連続出場を自ら決めた上原絵里(ナガセケンコー):

« 第7回アジア選手権 日本代表選考 男子優勝 水澤悠太・岩崎圭(NTT西日本広島) | Main | 移転しました »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31