« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

全日本高校選抜ドロー

全日本高校選抜の組み合わせが日連ホームページ

国際熊本大会テレビ放映

2月12日に熊本県立体育館で開催された国際ソフトテニス熊本大会が例年どおりテレビ放映される。

2月25日12:00- 熊本朝日放送(一時間番組)
http://www.kab.co.jp/pc/

熊本ローカルなのが残念だが、視聴可能なかたはお見逃しなきよう。

全日本高校選抜出場校一覧

全日本高等学校選抜ソフトテニス大会 
 3月29-30日 名古屋市ガイシホール(JR笠寺駅下車すぐ) 

昨年末より各地区で行われてきた予選の結果が大会結果等掲示版に投稿されている。すべてが出そろったようなので以下に一覧をまとめた。
投稿ありがとうございました。

同大会は春の高校生の祭典(団体戦のみ)。昨年は震災の影響で中止となったので2年振りの開催となる。

出場校一覧クリック

国際熊本大会速報

12日熊本県立体育館
男子

優勝 品川・中本(早稲田)
準優勝 堀・長江(NTT西日本広島)

女子 

優勝 杉本・森原(東芝姫路)
準優勝 佐々木・大庭(NTT西日本広島)

第25回高松アゼリアカップ高校選抜国際大会 最終結果

高松市総合体育館

男子

決勝
尽誠学園(香川)1-2高田商(奈良)

準決勝
東北(宮城)1-2尽誠(香川)
広島翔洋0-2高田商(奈良)

準々決勝
東北(宮城)2-0陰城(韓国) 
中京(岐阜)1-2尽誠(香川)
広島翔洋2-0上宮(大阪) 
北海道尚志0-2高田商(奈良)

--------------------------------------------

女子
決勝
広島翔洋2-0信愛女短大付(和歌山)

準決勝
広島翔洋2-0文大杉並 
脇 町(徳島)0-2信愛女短大付(和歌山)

準々決勝
広島翔洋2-0尽誠 
淀之水昇陽(大阪)0-2文大杉並 
脇 町(徳島)2-1中村学園(福岡) 
高岡西(富山)1-2信愛女短大付(和歌山)

第25回高松アゼリアカップ高校選抜国際大会

高松市総合体育館で開催されている第25回高松アゼリアカップ高校選抜ソフトテニス国際大会初日(11日)結果。
12日は準々決勝〜決勝までが行われる。

男子

2回戦 
東北(宮城)3―0高知小津 
陰城(韓国)3―0東福岡 
中京(岐阜)2―1西城陽(京都) 
尽誠3―0長府(山口) 
広島翔洋3―0国立後壁高中(台湾) 
上宮(大阪)3―0上田千曲(長野) 
北海道尚志3―0三重 高田商(奈良)3―0岡山南

1回戦 
高知小津2―1姫路商(兵庫) 
岡山南2―1塩田工(佐賀)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
女子
2回戦 
広島翔洋3―0高松市選抜 
尽誠2―1富士見(静岡) 
淀之水昇陽(大阪)3―0国立北門農工(台湾) 
文大杉並(東京)3―0岡崎城西 
脇 町(徳島)3―0日大藤沢 
中村学園(福岡)3―0北海道尚志 
高岡西(富山)3―0順天女(韓国) 
信愛女短大付(和歌山)2―1健大高崎

1回戦 
高松市選抜2―1姫路商(兵庫) 
岡崎城西(愛知)2―1徳山商工(山口) 
日大藤沢(神奈川)2―1奈良育英 
健大高崎(群馬)2―1就実(岡山)

動画 篠原秀典・小林幸司インタヴュー 全日本インドア

国際タイトル保持者が7人!国際熊本大会開催!2月12日

Imgp6257左から中本圭哉、ヤンヂンハン、上原絵里、杉本瞳、森原可奈、佐々木舞、大庭彩加

毎年 韓国、台湾から選手を招待している国際ソフトテニス熊本大会。今年も内外から豪華メンバーがそろった。(さらにいうなら内外の招待選手18人中13人が昨年の世界選手権代表)

世界タイトルをもつ中本(2011世界選手権ダブルス優勝)、佐々木・大庭(2011世界選手権ダブルス優勝 2010アジア競技大会国別対抗団体優勝)。ホンムンヨン(2011世界選手権団体優勝 韓国聞慶市庁所属)

アジアのタイトルをもつヤンヂンハン(2008アジア選手権ダブルス優勝 ソウル市体育局)、アジア競技大会の団体ゴールドメダリスト 杉本、森原、上原、佐々木、大庭の5人も勢揃いだ。杉本、上原は同ダブルスのチャンピオンである。

台湾からは世界選手権代表の賴立煌・何孟勳、鄭竹玲(アジア競技大会ミックス銀メダル)・陳翊佳が出場、ともに次代の台湾の担うであろうホープである。
Imgp3999

なかでも注目したいのはヤンヂンハンだ。なんども書いてきたが今みていてもっとも面白い選手の一人なのである。その尋常でない運動量が観客を圧倒してくれるはずだ。今回ペアを組むのは最近、韓国内で組む事のおおい同じチームのパクキョンテ。国際大会出場経験はないが韓国上位で活躍している。

ヤンと中本と対戦すればタイトルホルダー同士の見応えあるゲームとなろう(昨年の世界選手権でも対戦し手に汗握る攻防となった)

2月12日 熊本県立体育館(クリック)
右画像 左上から長江、堀、品川、藤崎、ホンムニョン、賴立煌.何孟勳、陳翊佳、鄭竹玲.、パクキョンテ

主な出場ペア 

男子 パクキョンテ・ヤンヂンハン(韓国 ソウル市体育局) 賴立煌・何孟勳(台湾) 品川・中本(早稲田) 堀・長江(NTT西日本広島)

女子 杉本・森原(東芝姫路) 佐々木・大庭(NTT西日本広島) 上原・藤崎(ナガセケンコー) 鄭竹玲.・陳翊佳(台湾) ホン・ムンヨン・パク・ギョンラン(韓国 聞慶市庁)

(緒方・荒木 他の熊本代表選手も出場) 


動画 全日本インドア 杉本・森原 インタヴュー

ギャラリー 全日本インドア 篠原秀典・小林幸司、杉本瞳・森原可奈 

Imgp6463Imgp6467男女とも第一シード、つまり今年度のランキング一位ペアの優勝となった。男子は若手の台頭が目立ち、なんとも心強い。一方で女子の上位は高いレベルで安定していて充実感がある。

全日本インドア優勝者インタヴュー

Dsc00176Dsc00181Dsc00182Dsc00184Dsc00174
恒例となった東芝姫路の偉大なOG,辻、上嶋さんによる勝利者インタヴュー。

全日本インドア開幕!!

Imgp6165

ギャラリー 全日本社会人学生対抗 男子個人4連覇 篠原・小林

Imgp5912Imgp5968Imgp6120優勝大会(個人戦)での4年連続優勝を果たした篠原秀典・小林幸司(日体大桜友会・ミズノ)。この前週の東京インドアでは5連覇。まさに無敵である。ながらく鬼門であった全日本インドアでも優勝し、2月5日の同大会では2連覇、そして2年連続のインドアタイトル独占を狙う。その可能性はかなり高い。

ギャラリー 全日本社会人学生対抗 増田・柴田

Imgp6095Imgp5934

ギャラリー 全日本社会人学生対抗 女子優勝 佐々木・森原

Imgp6064Imgp5926

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31