2011台湾全国運動会(台湾国体)

韓佳玲・張文馨(台湾)が団体に続き優勝 台湾国体リポート

女子も団体決勝とおなじ、また代表対決の決勝となった。
ディフェンディングチャンプの鄭・陳が2連勝を狙ったが、張文馨の活躍の前に敗退。台南市が2冠を獲得Imgp2574Imgp2872

林鼎鈞 劉家綸(台中市)が圧倒 男子ダブルス 台湾国体リポート

団体戦につづき屏東県vs.台中市の決勝となった男子ダブルス。団体決勝で出番のなかった林鼎鈞・劉家綸が賴立煌・何孟勳を圧倒。代表対決を制した。Imgp2930Imgp2941林鼎鈞・劉家綸と劉家綸の家族。奥様のジャンテインは2006アジア競技大会(ドーハ)の中国代表でシングルス銀メダル。お父さんは第4回世界選手権銅メダル。

古豪 屏東県、アクシデント乗り越え優勝(男子)。    台湾国体リポート

Imgp2681_2 李佳鴻率いる屏東は3番手が急病で試合直前にドクターストップというアクシデントに見舞われ、準決勝以降を実質3人で戦うことになったが、台南、台中という世界チャンピオンクラスの強豪戦に2連勝し、優勝を遂げた。屏東は国家代表が3人といっても賴立煌、何孟勳は今年が初代表であり、実質、李佳鴻のみが代表クラスともいえるが、その彼が強烈なリーダーシップを発揮し、勝ち抜いた感が強い。凄い迫力だった。Imgp2710これは団体戦終了後に始まった個人戦ダブルスでの李ブラザーズ。いきなり楊勝發・蘇家鋒(台南市)と対戦。注目のヤン・リー決戦となった。前半の競り合いをとれず、ずるずる敗退した。
Imgp2821賴立煌・何孟勳 林科均・葉挂霖を準決勝で伏し、明日(もう今日だが)24日の決勝に進出。Imgp2573女子団体優勝 台南県の韓佳玲・張文馨。個人戦でも決勝に進出。
 

ダブル前衛による雁行ベースのダブルフォワード 李佳鴻・何孟勳 台湾国体リポート

Imgp2455
台湾遠征2日目、台湾国体の初日である。団体戦の前半戦。気になるのは代表選手たちの様子だが、1月半の合宿あけであり、動きがわるいわけがない。
しかし、すごかったのは代表外の李佳鴻(上画像左)。屏東県の代表として出場した彼は何孟勳(世界選手権代表)とのダブル前衛による雁行陣ベースのダブルフォワードを披露。第一級のベースラインプレーからダブルフォワードを構築してみせた。
屏東には李ブラザーズ(佳鴻、佳健)、賴立煌、何孟勳とそろっており、優勝候補の一角をしめる。

方同賢率いる台南市は楊勝發、王俊彦、郭家瑋と3人のアジア競技大会金メダリストをそろえ最強か?とおもえたが、劉家綸、林鼎鈞、葉挂林、林科均と4人の国際大会金メダリストを揃える台中市に惜敗。
屏東、台中の決戦の気配濃厚。Imgp2481_2
楊勝發・蘇家鋒(台南)を破った劉家綸(台中)

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31