« 男子準々決勝 世界選手権現地レポート | Main | 男子準決勝 世界選手権現地レポート »

キョンリョン vs, ツァオレイ 宿命の対決!女子団体準決勝 

女子団体準決勝は韓国 vs.中国 、台湾vs.日本というカード。
韓国vs.中国では韓国がエーギョン・チュオクの快勝のあと、現在ソフトテニス界で究極の好カードといえるキムキョンリョンvs.ツォレイの対戦が実現。キョンリョンはクレーのアジアチャンピオン(2008アジア選手権)、ツィオレイはハードのアジアチャンピオン(2010アジア競技大会)。このふたりは過去何度も対戦し、その度に極限のシングルスを展開している。互いにタイプは全く違うがオールラウンドでハイレベルなスキルとメンタルの強さを持ち合わせている。今回もすさまじい。まさに今日のメインイベント。恐るべき集中力!!キョンリョンの3−2のリードからファイナルに。ファイナル7−3。濃密なラリーにため息しかない。Imgp3435Imgp3430日本vs.台湾 は3番勝負となったが三番は佐々木・大庭が郭・盧を圧倒。台湾のオーダーは実に不可解。どうやって勝とうとしたのか?Imgp3481

« 男子準々決勝 世界選手権現地レポート | Main | 男子準決勝 世界選手権現地レポート »

2011世界選手権」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

« 男子準々決勝 世界選手権現地レポート | Main | 男子準決勝 世界選手権現地レポート »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31