« 篠原秀典・小林幸司 完勝で日本先行、日本vs,台湾 第一ダブルス | Main | 女子決勝間もなくスタート 日本vs。韓国 »

日本2−0台湾 決勝へ! 男子団体戦 世界選手権現地レポート

2番のシングルス長江も完勝。調子も絶好調のようだ。1ゲームめのジュースがやま。初出場の彼はかなりの緊張がみられたが、このゲームがとれたことでそれほぐれたようだ。
5−1 4−0
意外な大差となったが、これほどの差があるともおもえない。
台湾はすでにお伝えしたとおり、25日まで台湾でもっとも重要なトーナメントである全国運動会がおこなわれており、今回の代表も全員が参戦している。韓国入りは26日夕刻であり、会場で練習したのは27日のみ、最高のコンディションとはいかなかたようだ。Imgp3554

« 篠原秀典・小林幸司 完勝で日本先行、日本vs,台湾 第一ダブルス | Main | 女子決勝間もなくスタート 日本vs。韓国 »

2011世界選手権」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

« 篠原秀典・小林幸司 完勝で日本先行、日本vs,台湾 第一ダブルス | Main | 女子決勝間もなくスタート 日本vs。韓国 »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31