« ダブル前衛による雁行ベースのダブルフォワード 李佳鴻・何孟勳 台湾国体リポート | Main | 楊勝發 〜台湾国体での 台湾代表たち »

古豪 屏東県、アクシデント乗り越え優勝(男子)。    台湾国体リポート

Imgp2681_2 李佳鴻率いる屏東は3番手が急病で試合直前にドクターストップというアクシデントに見舞われ、準決勝以降を実質3人で戦うことになったが、台南、台中という世界チャンピオンクラスの強豪戦に2連勝し、優勝を遂げた。屏東は国家代表が3人といっても賴立煌、何孟勳は今年が初代表であり、実質、李佳鴻のみが代表クラスともいえるが、その彼が強烈なリーダーシップを発揮し、勝ち抜いた感が強い。凄い迫力だった。Imgp2710これは団体戦終了後に始まった個人戦ダブルスでの李ブラザーズ。いきなり楊勝發・蘇家鋒(台南市)と対戦。注目のヤン・リー決戦となった。前半の競り合いをとれず、ずるずる敗退した。
Imgp2821賴立煌・何孟勳 林科均・葉挂霖を準決勝で伏し、明日(もう今日だが)24日の決勝に進出。Imgp2573女子団体優勝 台南県の韓佳玲・張文馨。個人戦でも決勝に進出。
 

« ダブル前衛による雁行ベースのダブルフォワード 李佳鴻・何孟勳 台湾国体リポート | Main | 楊勝發 〜台湾国体での 台湾代表たち »

2011台湾全国運動会(台湾国体)」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

« ダブル前衛による雁行ベースのダブルフォワード 李佳鴻・何孟勳 台湾国体リポート | Main | 楊勝發 〜台湾国体での 台湾代表たち »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31