« 韓国女子オーダー  | Main | 個人戦スタートまずはシングルス。男子シングルスプレヴュー »

世界選手権現地レポート 団体戦終了

大会二日目が終了。団体戦を予定通りすべて消化。男女いずれも地元韓国が優勝した。男子はなんと20年振りの優勝となる。女子は3連勝で6回目、通算記録で日本と並んだ事になる。
女子の決勝は5−0 4−0と韓国が9ゲーム連取で日本を完封、韓国はこれ以上無いという勝利をおさめた。それにしても日韓戦で9−0は記憶にない。いったいなにが起きたのか?

大会運営は大混乱していて、度重なるコート変更と時間変更にくたくたである。予定がおそくなるのはしかたないが、突然早められるのにはほんとまいった。その衆知も不徹底であり、とにかく疲れた。
明日からは個人戦。まずシングルスがおこなわれる。

« 韓国女子オーダー  | Main | 個人戦スタートまずはシングルス。男子シングルスプレヴュー »

2011世界選手権」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界選手権現地レポート 団体戦終了:

« 韓国女子オーダー  | Main | 個人戦スタートまずはシングルス。男子シングルスプレヴュー »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31