« 第44回全日本社会人学生対抗 名古屋ガイシホール | Main | 全日本社会人学生対抗 上原・平田 杉本・森原 »

社会人学生対抗 雑感

Imgp8076Imgp8328 西の大阪インドア(全日本インドア)、東の東京インドアに次ぐ第3のインドアともいうべき『全日本社会人学生対抗』。単に『社会人学生対抗』と呼ばれることがおおい。2大インドアにならって『名古屋インドア』と呼ばれてもいいようなものだが、そうではないところがこのインドアのユニークさをしめしているといえるかもしれない。
Imgp8079 全日本クラスの強者をずらっとそろえた大会では唯一つの団体戦、某専門誌のカメラマンが開会式を撮影しながら『いってみればソフトテニスのオールスターってとこだね』とつぶやいたが、まさにそんなかんじ。もっとも東京も大阪もオールスターに違いはないのだが、団体戦ゆえによりぴったりするように思える。いっそ『オールスター全日本社会人学生対抗』とすればより華やかになるかもしれない。

第一回大会は1968年、今年が第44回となる。以前は7組対抗(男子)の殲滅戦だった。何年前からだったか点取り戦に改められ、かわりに個人戦が新設された。ややユニークさが薄れたといえるかも、殲滅戦は究極の団体戦であるとともに究極の個人戦でもあるからだ。

Imgp8149 男子は学生が5-2で社会人を下し、2連覇を達成した。社会人で勝ったのは全日本の決勝を争った中堀・高川と篠原・小林。ともに昨年11月のアジア競技大会ダブルス銅メダル、『世界の』中堀・高川であり、篠原・小林である。もし殲滅戦だったら、この後どのように展開していったのだろうか?ドリームチームといっていい学生チームが総力をあげて二つの超巨星に挑む姿を見たかった気がする。

Imgp8152 もっとも団体戦のあとに行われる個人戦は団体戦の勝者が出場するノックアウト式のトーナメントであり、してみると殲滅戦が形をかえて残っているとの見方も可能だ。

予想通り篠原・小林が昨年に続き優勝。中堀・高川は篠原・小林にやぶれたので学生陣は巨星をおとすことができなかった。今日のほんとの勝者は学生か社会人か?Imgp8181

女子は昨年、社会人の主力となる国際大会代表クラスの欠場で学生が勝ったが、今年はアジア競技大会優勝メンバー(+平田)が全員出場。金治監督はその3組を1、2、3と並べた。そのものすごいオーダーがそのまま3連勝!!一気に勝負をつけた。

個人戦も結果的にその3組の争いになったが、団体戦を勝ち残った学生ペアも力をみせ、柏原・神谷(神戸松蔭・東京女子体育大、柏原は西日本一般優勝)が上原・平田と3-3、そのファイナルも学生ペアが大きくリードしあわやと思わせた。中野・江尻も杉本・森原に食い下がり、惜敗。Imgp8303

« 第44回全日本社会人学生対抗 名古屋ガイシホール | Main | 全日本社会人学生対抗 上原・平田 杉本・森原 »

全日本社会人学生対抗2011」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社会人学生対抗 雑感:

« 第44回全日本社会人学生対抗 名古屋ガイシホール | Main | 全日本社会人学生対抗 上原・平田 杉本・森原 »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31