« 現在無敵 キムエーキョン・チュオク 2010アジア競技大会 韓国代表 女子 | Main | キムキョンレン2大会連続出場 アジア競技大会韓国代表女子 3 »

パクスンジョン 1995世界チャンピオンが復活 アジア競技大会 韓国代表女子2

Imgp8012
Imgp8006 第二代表決定戦で優勝したクォンランヒ(左)・パクスンジョン(釜山沙下区庁・スゥオン市庁)。クォンランヒは2008アジア選手権にワイルドカードで個人戦のみ出場。シングルスで3位に。国際大会はそのとき以来2回連続2回目の出場、無論アジア五輪は初出場。2008年熊本インドア、2009年札幌国際大会に出場したことがある。エーキョンとはタイプが違うがやはり強打の選手。(右画像は出場決定直後のパク・クォン)

Imgp7477  パクスンジョンは以前農協中央会所属の選手。1995年に引退し、結婚、出産。つい先年、水原市庁の選手として第一線に復帰、現在38歳のいわゆるママさん選手だ。もちろんプロフェショナル。ママさん選手が代表になるのは2005年東アジア五輪代表になったキムヨンスク(安城市庁)の例があるが、パクスンジョンほどブランクがある例はちょっと記憶にない(ダテック並みのブランクといえる)。今大会男女を通じてもっとも話題性のある選手といえるだろう。なにせ、以前の成績が半端じゃない。彼女の農協中央会時代は韓国女子全盛期であり、国別対抗団体に6年連続で金メダルを獲得している。彼女はその時代の中心的前衛である。とくに1995広島アジア五輪、1996岐阜世界選手権と2年連続で日本開催だったビッグイベントでエース前衛として活躍、団体優勝だけでなく世界選手権ではダブルスでも優勝している。その時代から現役を続けている選手は日本にはもちろんいない。

                       
Imgp7740 Imgp7739
Imgp7664 Imgp7665

« 現在無敵 キムエーキョン・チュオク 2010アジア競技大会 韓国代表 女子 | Main | キムキョンレン2大会連続出場 アジア競技大会韓国代表女子 3 »

2010アジア競技大会(広州)」カテゴリの記事

2010韓国代表」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50900/49905687

Listed below are links to weblogs that reference パクスンジョン 1995世界チャンピオンが復活 アジア競技大会 韓国代表女子2:

« 現在無敵 キムエーキョン・チュオク 2010アジア競技大会 韓国代表 女子 | Main | キムキョンレン2大会連続出場 アジア競技大会韓国代表女子 3 »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31