« February 2010 | Main | May 2010 »

March 2010

キムエーキョン・チュオク 全日本女子選抜に登場

Imgp3269_2 日本で開催されるもっとも美しいトーナメントである全日本女子選抜(4.3,4東京体育館)。インドア最終戦というよりはシーズン開幕戦という重要な位置づけの大トーナメントだ。個人戦のインドア大会で2日ががりというのはこの大会だけである(しかもシングルスまである)。昨年より海外招待を復活したので注目度はさらに増した。その注目の海外選手は韓国NO.1実業団の農協中央会のエース、キムエーキョン・チュオク(上写真左がキムエーキョン)。キムは2007世界選手権、2008アジア選手権の団体優勝メンバー。チュオクはアジア選手権の優勝メンバー。

 今年は4年に一度のアジア五輪イヤー。その予選までちょうど一ヶ月という日程で開催されることになるが、予選のサーフェースときわめて近いコートでおこなわれることもあり、前哨戦のおもむきもある。とくにナショナルチームの目指すダブルフォワード的な戦術がどこまで消化されているか注目される。また昨年の優勝者で実質ランキング一位という活躍をみせた高橋・中村は中村の突然の引退でインドアをすべてキャンセルという異常事態となっていたが、その高橋は皇后杯2位の山下とのペアでこの大会より復活と聞いた。高橋は皇后杯以来の復帰でありそのブランクが気になるが、アジア五輪予選をみすえてもっとも注目されるペアであることは間違いあるまい。今冬のインドア大会をざっと振り返ってみても女子は混沌であり、誰が勝つか全く予想がつかないといえよう。熱戦が期待される。下画像は昨年の大会より。Imgp8874

ソフトテニス・テニス・車いすテニスの合同企画イベント!!

Img001_2Img002_3

2010中山盃国際大会レポート

Imgp0369第一弾 10日夜 台中市到着、早速、李佳鴻や劉家綸ら台湾選手と彼ら行きつけの台湾料理店で会食。熱帯台湾でなんと暑苦しい格好を、と思うなかれ!!この日台中は6度と厳寒でした。ほんと寒かったのです。彼ら(屏東選抜チーム+α)はこの翌日(11日)、日本に向かい広島アジアカップに出場。日本選手団とはちょうど入れ違い。

初のナイターに・・・・2010中山盃国際大会

夕闇迫る中興網球場(台湾台中市)。大会は初のナイターに。最終戦となったミックスダブルス決勝が終了したのは21時近くだった・・・・Imgp6715

中山盃2010 中興網球場風景

Imgp6703a_2

2010中山盃 男子シングルス

Imgp6842

優勝  増田(日本)Imgp6838 準優勝 塩嵜(日本)

Imgp6835 3位 ウヒョンコン(韓国)

-------------------------------------

決勝トーナメント 

一回戦

塩嵜(日本)4-0蘇(台湾) 

チョウ(韓国)2-4増田(日本)

準決勝

稲積(日本)2-4塩嵜(日本)

増田(日本)4-0ウ(韓国)

決勝

塩嵜(日本)0-4増田(日本)

ミックスダブルス

Imgp6881

優勝 チョウ・チャン(韓国) Imgp6871準優勝 稲積・水松(日本)Imgp68663位 増田・石田(日本)

女子シングルス

Imgp6862優勝 水松(日本 学連―日体大)Imgp6855準優勝 藤本(日本 東芝姫路)

日本選手団

Imgp6890Imgp6889_2

男子ダブルス

Imgp6826優勝 チョウスンジュ・ウヒョンコン(韓国 順天市庁)Imgp6822準優勝 村上・後藤(日本)Imgp68143位 稲積・塩嵜(日本)

女子ダブルス

Imgp6809女子ダブルス優勝 藤本・東田(日本 東芝姫路)Imgp6806女子ダブルス準優勝 前田・石田(日本 タカギセイコー)

国際熊本大会テレビ放映 熊本朝日放送3.20

Imgp0226国際熊本大会のテレビ中継が今年も3月20日12:00〜から1時間放映される。インドア大会でテレビ中継があるのはこの大会だけであり、熊本ローカルとはいえ、たいへんな事といわねばなるまい。解説は名将安達俊昭氏。

Imgp0301 3月22日 土 12:00〜12:55 KAB熊本朝日放送

ドンフン、キョンレン 他 ヴィルトゥオーゾアウテイクス更新

02_2 FORUM21登録者のためのコンテンツである『ヴィルトゥオーゾアウテイクス』を更新。アジアチャンピオンのキムドンフンのフォア(2種)、世界チャンピオンのキムキョンレン、台湾若手のホープ葉凱翔のサービスの4ファイル。
アクセス方法はこちら

中山盃国際大会開催!!

Imgp5194 中山盃国際ソフトテニス大会、正式名『中山盃國際軟式網球錦標賽は台湾で唯一開催される国内外トップレベルの招待選手による国際トーナメント(エリートクラス)。同時に壮年や一般社会人の部もおこなわれるユニークな大会である(この一般の部には元世界チャンピオンをはじめとする代表クラスがぞろぞろ出場してくるのもこれまたユニーク)。もはや3月恒例となった感もあり、今年も13、14日の日程で開催(台湾台中市中興網球場)される。

 今年はエリートクラスにはじめてヨーロッパから参加があり、また同クラスにはミックスダブルスが新設され、男女ダブルス、男女シングルスとあわせて5種目となった。日程はそのままだけにかなりタイトな進行になりそうだ。日本からはなんと男子6人、女子6人総勢12名の選手団を派遣し、それぞれの種目にフルエントリ—することになる。

メンバーは
男子 稲積、塩嵜、村上,後藤、増田、今井 
女子 東田、藤本、安川、水松、石田、前田 Imgp0074

韓国からはチョウソンジュ(2008アジア選手権団体戦優勝メンバー)、ウヒョンコン(2008アジア選手権ミックスダブルス3位)の順天市庁ペアが出場予定。韓国男子は昨年はエントリ—のみで出場はしておらず、(今年も棄権しなければだが)4年振りの出場となる。(女子は聞慶市庁)。Imgp1307a

ギャラリー 国際熊本大会

Imgp0150
Imgp0279_2

開会式〜レセプション

Imgp9790

Imgp9816_2

国際ソフトテニス熊本大会 2010

Imgp0348 2月28日熊本県立体育館

男子決勝 
許京鎭・鄭光碩(韓国 光州東区庁)3-5稲積・井口(学連-日体大)

女子決勝
東田・藤本(東芝姫路)5-2山口・山下(学連-東京女子体育大)


男子予選リーグ A
許京鎭・鄭光碩(韓国 光州東区庁)4-0園田・荒木(宇土ク・高体連-高田商)
園田・荒木1-4森・日野(尽誠学園・FAS)
許京鎭・鄭光碩4-2森・日野

男子予選リーグ B
張智翔・蘇家鋒(台湾 台北体育学院)4-2山道・雪野(KSUク・朝日STC)
山道・雪野1-4稲積・井口(学連-日体大)
張智翔・蘇家鋒1-4稲積・井口

女子予選リーグ A
金璟連・閔柔林(韓国 安城市庁)4-1大住・竹崎(学連 九州産業大・日体大)
大住・竹崎0-4東田・藤本(東芝姫路)
金璟連・閔柔林1-4東田・藤本(東芝姫路)

女子予選リーグ B
江婉埼・朱芸萱(台湾)4-1松落・北(宇土ク・学連-九州産業大)
松落・北0-4山口・山下(学連-東京女子体育大)
江婉埼・朱芸萱0-4山口・山下


Imgp0346

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31