« 李佳鴻 | Main | 二次リーグ »

アジア選手権 国内予選プレヴュー

ゴールデンウィーク恒例となった国際大会のオープン予選。今年も3,4,5日の日程で開催される。アジア選手権に自力で出場しようとおもえばこの大会で一位になるしかない。とてもシビアな大会である。またオープン予選といっても出場資格は技術等級の最上級エキスパート保持者のみということで、そんな大会はこの大会だけだから、そのレベルの高さが知れよう。3日間で一次、二次、三次と3つの総当たりリーグで全て一位となったペアのみが代表ということであり、総当たりとはいえ、一発勝負的要素がとても強い。例年、三つどもえになり、いい内容を示しながら落選ということが頻発しており、総当たりリーグのかかえる矛盾点をあぶり出しているのが興味深いが改善される気配はない。しかし優勝者にかぎっていえば意外なほどオーソドックスな結果がでている。
まず男子

2003花田・川村(世界選手権広島)
2004中堀・高川(アジア選手権チェンマイ) 
2005中堀・高川(東アジア五輪マカオ) 
2006花田・川村(アジア五輪ドーハ)
2007花田・川村(世界選手権アンソン)

過去5年間で花田・川村が3回優勝。とくにこの2年は連続で一位になっているわけだが、今年はどういうわけかナショナルチーム落ち。奮起におおいに期待したい。
中心はインドアシーズンの中心だった中堀・高川と篠原・小林。東京は篠原・小林、大阪は中堀・高川。中堀と小林が組んで熊本国際に優勝というおまけまでついた。篠原が大阪インドアを棄権したので直接対決は東京だけ。そのゲームは素晴らしい内容だった。ダブルフォワード時代を経て雁行陣にもどってきた中堀・高川と世界でももっとも過激なダブルフォワードである篠原・小林の対決は現在日本でもっともスリリングなものである。ただ今回はクレー。どう戦うのか。


女子は昨年、今年と有力選手の引退が相次いで寂しい状況だ。とくに前衛陣の層が薄い。中心は皇后杯優勝の杉本(東芝姫路)と森原の新ペア。すでに熊本、宮崎のインドアで優勝している。その杉本・森原を女子選抜で圧倒した佐々木・掘越(NTT西日本広島)、昨年の予選会優勝の上原・平田(ナガセケンコー)、この3組の争いは間違いないところ。

会場は熊本市郊外の熊本県民総合運動公園内のクレーコート。ここでは2002年のアジア競技大会の予選会も開催されている。

« 李佳鴻 | Main | 二次リーグ »

2008アジア選手権 韓国 聞慶市」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50900/41073943

Listed below are links to weblogs that reference アジア選手権 国内予選プレヴュー:

« 李佳鴻 | Main | 二次リーグ »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31