« サーフェースはクレー 世界選手権予選 | Main | 男子プレヴュー2 »

男子プレヴュー

Imgp9275
過去5年間を振り返ってみると
2002中堀・高川(アジア五輪釜山) 
2003花田・川村(世界選手権広島)
 2004中堀・高川(アジア選手権チェンマイ) 
2005中堀・高川(東アジア五輪マカオ) 
2006花田・川村(アジア五輪ドーハ)
という結果になっており、中堀・高川が圧倒的な強さをみせておりさすがである。
2003年は広島枠からでたので予選に不参加。また昨年は花田・川村に破れたとはいえ同率の2位であり、内容的には圧倒的で実質一位というのが衆目の一致するところであった。
(画像はドーハアジア五輪での高川)

« サーフェースはクレー 世界選手権予選 | Main | 男子プレヴュー2 »

2007世界選手権予選(日本代表決定戦)」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31