« 朴英姫・張美花 渡邊・堀越、高橋・宗久を連破!日本リーグ中日 | Main | 金耿漢来日 他 »

日本リーグ 男子 NTT西日本広島 女子 サンライフ が逆転優勝

男子
京都市役所がまさかの2連敗で、NTT西日本広島が逆転優勝。2年連続の確か11回目の優勝になる。ちなみに第一回の優勝が電電中国つまりNTT西日本広島だった。京都は3位に転落。4位の枚方信用金庫は躍進といえるだろう。真ん中のシングルスでた三石は7戦全勝(なんと失ゲーム7)が凄い。

男子最終順位
優勝 NTT西日本広島 5勝2敗
準優勝 東邦ガス 5勝2敗
三位 京都市役所 5勝2敗
四位 枚方信用金庫 4勝3敗
五位 大鹿印刷 4勝3敗
六位 宇部興産 2勝5敗
七位 トヨタ自動車 2勝5敗
八位 デンソー 0勝7敗

7、8位は日本実業団リーグとの入れ替え戦に。

女子
超大型補強をしたサンライフが2年ぶり3回目の優勝。6年間で3回は凄いことである。
朴英姫・張美花は玉泉・上嶋をもやぶり、結局ペアとしては全勝。日本の上位を総なめである。女子ソフトテニス界はとんでもないことになってきた。

女子最終順位
優勝 サンライフ 6勝1敗
準優勝 NTT西日本広島 6勝1敗
三位 ヨネックス 5勝2敗
四位 東芝姫路 4勝3敗
五位 京都中央信用金庫 4勝3敗
六位 ナガセケンコー 2勝5敗
七位 NTTドコモ四国 1勝6敗
八位 枚方信用金庫 0勝7敗

7、8位は日本実業団リーグとの入れ替え戦に。

詳しくは広島県連HP

« 朴英姫・張美花 渡邊・堀越、高橋・宗久を連破!日本リーグ中日 | Main | 金耿漢来日 他 »

大会結果」カテゴリの記事

2005日本リーグ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

« 朴英姫・張美花 渡邊・堀越、高橋・宗久を連破!日本リーグ中日 | Main | 金耿漢来日 他 »

Categories

The Art of Soft Tennis

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30