« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

関東オープン

例年通り(?)二日がかりの関東オープン一般男子一部の結果を大会結果掲示版に。こっちにものせておく。
優勝 松口・小林(学連-日体大)
二位 篠原・宮本(学連-日体大)
三位 大和田・西川((学連-中央) 堺・駒木根(学連-早稲田)
ベスト8 
藤原・井上(千葉・東京)
井部・西田(学連-明治)
広瀬・寺田(学連-日大)
井上・日野(学連-日体大)

ベスト8のうち学連が7つ。上位だけでなくてエントリーそのものが学生だらけで、まるで学連の大会のよう。合宿あけ、春季リーグ前の学連選手は猛り立っており、春先、身体のあったまっていない社会人がそれに対抗するのは極めて困難。

高川選手の指導風景がテレビ放映(広島ローカル)

NTTのホームページに高川選手のテレビ出演の話題が。クリック

韓国NO.1がやってくる!!九州オ-プン開催

kim
第三回九州オープン 4月29日 博多の森テニスコート
 
毎年、韓国選手を招待している九州オープン(前身は伝統を誇る西日本新聞社杯西日本選手権)。過去の優勝者には全寅修・劉永東、李源學・金耿漢といったビッグネームが並ぶ。昨年はあの金煕洙(準優勝)が来日して話題となった。

今年も注目の選手がやってくる。特に男子。四大国際大会の出場こそまだ果たしていないものの、昨年、大統領旗、会長杯を制し、韓国NO.1になった崔・池である。韓国は上位の層がめちゃくちゃに厚いのでなかなか頭角を表すのがたいへんなのだが、このペアはまだ学生だった2002年のアジア五輪選考会でも最終6組に名を連ねたつわものである。今年あたり代表いりの可能性大。

女子はアジア選手権国別対抗のシングルスで河野に完勝し、個人戦では渡邊にファイナルと肉迫した金環連が出場。前衛のもアジア選手権の代表。金は今年20才であり、伸び盛り。
画像はアジア選手権河野戦での金。
博多の森テニスコートへの行きかたはこちらをどうぞ

 左から崔鳳朷・池庸敏(利川市庁) 金環連・李敬朷(安城市庁)、李明九監督 [資料提供 大韓庭球協会、福岡県ソフトテニス連盟]  korea2005

中山盃国際大会開会式

中山杯の開会式をここに(クリック)。大会前々夜におこなわれたアメリカチームや台湾関係者との夕食会の様子も。アメリカチームは大会一週間まえに台湾にやってきて、高雄で親善試合をこなし、この日(31日)に台中にのりこんできた。エース、シグネラーリは健在で浅川選手とともに場の中心。我々はこの前日30日に台湾いり。

帰国後、体調をくずし、更新がおくれています。もうしわけない。

中山盃国際大会

P1010074昨夜、台湾から帰国した。さまざまなトラブルがあったが、どれも深刻な状況にならず、なんとか無事帰ってくることができた。
浅川選手の成績 シングルス----予選リーグで李佳鴻に勝ったものの、方同賢に破れて、1勝1敗で予選敗退。

ダブルス----林・郭に競り勝ち、決勝リーグへ。初戦で王俊彦・方同賢に勝った学生ペアに勝ち、揚勝發・李佳鴻との決戦に。いい内容のゲームだったが、後半は突き放された。
浅川選手のペアはなんと台湾体育学院の4年生の林君。折角、台湾まで遠征したのだからなんとかダブルスにも、という、こちらの無理な願いを台湾側が理解してくれ、同大学の張勝雄監督の了承のもと、黄綿州コーチがえらんでくれたサウスポーのパワフルな前衛だ。


写真、動画を駆使してこの大会の詳細を明日からアップします。

ここでの画像は4月2日の開会式の様子。

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31