« ナショナルチーム合宿 | Main | 牙 ナイスガイへの贈り物 その2 »

めざせトップアスリート

DSCF0003DSCF00105日、表題の講習会をのぞいてきた。世田谷スポーツ振興財団が毎年行っているもので、世田谷のジュニア(小学生、中学生)が対象のローカルな講習会だが、ゲストコーチは超豪華である。第6回アジア選手権(現世界選手権)チャンピオンで1968年の天皇杯チャンピオンの中尾和三選手と、第10回世界選手権ダブルス3位で、2003年天皇杯チャンピオンの森田英世選手という顔ぶれ。この二人がいるだけで、もうそれだけで、この講習会は素晴らしい。彼らがボールにちょっとさわるところをみただけで膨大な情報が放たれ、凡庸なコーチの10000語を遥かに凌駕する。

 上達するにはどうすればいいのか、というのはだれでも思っていることだろうが、一番てっとりばやいのは、上手い人のプレーをみることである。ひたすら見ることである。それにつきる、といっていい。それはコーチでもおなじことである。美味いカレーを食べたことがないひとが、美味いカレーをつくることは不可能なのである。

 講習会終了後、森田選手が、講習会を手伝っていた世田谷テニスのメンバーと、練習ゲームするのをみていた。世田谷テニスは東京の国体メンバーを擁する東京のトップクラブである。森田選手はあまり練習できていないとのことでボールもとんでいなかったが、下半身の強さ、重心の低さ、タイミングの早さはさすが。積極的にネットプレーもみせ、リラックスしたゲームで楽しい時間だった。今年は新ペアでのチャレンジとなるようだが、期待したい。

講習会のなかで印象に残った中尾さんの言葉。いいサーブを打った生徒に「一本できることは百本できるんだ」。

« ナショナルチーム合宿 | Main | 牙 ナイスガイへの贈り物 その2 »

soft-tennis **NEWS**」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50900/46112315

Listed below are links to weblogs that reference めざせトップアスリート:

« ナショナルチーム合宿 | Main | 牙 ナイスガイへの贈り物 その2 »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31