« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

中山杯国際大会

浅川選手が今日、台湾に出発する。たったひとりの海外遠征というのはプレヴューにも書いたが極めてまれ。というかダブルス主体だった以前では考えられないことである。もちろんダブルスを軽視しているわけではなくて、ペアの都合がつかなくて、ということなのだが、以前ならここで参加そのものが見合わされていたことになる。シングルスだけでも、という浅川選手の強い希望があって遠征実現となった。開催都市の台中はすでに日中の気温が25度以上と季節は夏。天気は毎日雨と不順で心配だが、台湾の連盟のひとは「問題ない」と太鼓判をおす。サ−フェースはたしかにアンツーカーなんだけど、ほんとだいじょうぶかな、と心配しながら、われわれも出発します。

都道府県対抗中学

都道府県対抗中学のリソース

伊勢新聞
三重県連HP
中学顧問のページ
ソフトテニス西尾幡豆

NHKスポーツ教室再放映

日連HPにNHK教育テレビスポーツ教室の再放映の案内が。講師は名門三重高監督で前男子ナショナルチーム監督、現ジュニアナショナルチーム監督の神崎公宏氏(氏自ら何度も代表経験のある名選手でもある)。放映は3月26日12時30分〜13時

サービス アニメーション 連続写真

phi2「ソフトテニスの技法」にサービスの連続写真とアニメーションを2点追加。解説はないが、いずれ。

アジアカップ速報

広島市で開催されているアジアカップの初日の結果が広島市連HPに。
今大会の焦点は韓国男子の3連覇なるか、ということだろう。
韓国は毎年NO.1実業団を今大会におくっており、順当ならばやはり利川市庁ということになる。利川は2年前の優勝チームでもある。利川から最近は代表がでていないが、昨年の大統領旗ダブルスチャンピオンの崔・池が同チームの所属であり、彼らはいつ代表になってもおかしくない実力をもっている。

アジアカップ

アジアカップの全出場チームが広島市連HPに。海外からは先日お伝えした韓国の他に、モンゴル、インドネシア、中国が参加する。

牙 ナイスガイへの贈り物 その2

ナイスガイへの贈り物のその2をおとどけする。今回は男子シングルス 方峻煥vs.中堀の試合のレポートが中心。次回は13日公開予定

めざせトップアスリート

DSCF0003DSCF00105日、表題の講習会をのぞいてきた。世田谷スポーツ振興財団が毎年行っているもので、世田谷のジュニア(小学生、中学生)が対象のローカルな講習会だが、ゲストコーチは超豪華である。第6回アジア選手権(現世界選手権)チャンピオンで1968年の天皇杯チャンピオンの中尾和三選手と、第10回世界選手権ダブルス3位で、2003年天皇杯チャンピオンの森田英世選手という顔ぶれ。この二人がいるだけで、もうそれだけで、この講習会は素晴らしい。彼らがボールにちょっとさわるところをみただけで膨大な情報が放たれ、凡庸なコーチの10000語を遥かに凌駕する。

 上達するにはどうすればいいのか、というのはだれでも思っていることだろうが、一番てっとりばやいのは、上手い人のプレーをみることである。ひたすら見ることである。それにつきる、といっていい。それはコーチでもおなじことである。美味いカレーを食べたことがないひとが、美味いカレーをつくることは不可能なのである。

 講習会終了後、森田選手が、講習会を手伝っていた世田谷テニスのメンバーと、練習ゲームするのをみていた。世田谷テニスは東京の国体メンバーを擁する東京のトップクラブである。森田選手はあまり練習できていないとのことでボールもとんでいなかったが、下半身の強さ、重心の低さ、タイミングの早さはさすが。積極的にネットプレーもみせ、リラックスしたゲームで楽しい時間だった。今年は新ペアでのチャレンジとなるようだが、期待したい。

講習会のなかで印象に残った中尾さんの言葉。いいサーブを打った生徒に「一本できることは百本できるんだ」。

ナショナルチーム合宿

ナショナルチームの合同合宿が来週行われる。日程と場所は以下の通り

男子 8日〜12日 四日市ドーム
男子ジュニア 同上

女子 6日〜11日 広島広域公園コート
女子ジュニア 9日〜14日 広島中央コート

特に男子に注目。アジア選手権での台湾、韓国の衝撃的なテニスをうけて、どのような内容となるのか?

参考url
四日市ドーム

広島広域公園

広島中央コート

ダブルフォワードの研究

0565「ダブルフォワードがハードを制す?」の第三回をアップ(クリック)。今大会で台湾、韓国がとった新しい戦術とはどのようなものあだったかについて、具体的に迫りたい。それにしても具体的にかくことは難しいものだ。今回は結局、ひどく抽象的なものになってしまった気がする。次回以降では図なども入れる予定。

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31