« 台湾男子6度目の国別対抗優勝 | Main | 小峯、濱田選手結婚式 »

ダブルフォワードがハードを制す?アジア選手権観戦記

topアジア選手権の観戦記第一弾をココ(クリック!!)に。
何度も書くが今年から国際大会は3年間ハードである。ルールもかわり、どう変貌をとげていくか興味はつきない。たとえクレーにかえってもそれは当然フィードバックされるに違いないからだ。旧ルールのシングルスをみそくそにいうひとはおおいが、あれがどれほどソフトテニスのレベルアップに貢献したかしれない。国内大会だけみてもそれは全然わからなかったろうが・・・この3年間のハード修行は確実にソフトテニスを次ぎのレベルにあげると信じたい。

« 台湾男子6度目の国別対抗優勝 | Main | 小峯、濱田選手結婚式 »

2004 アジア選手権関連」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50900/46112263

Listed below are links to weblogs that reference ダブルフォワードがハードを制す?アジア選手権観戦記:

« 台湾男子6度目の国別対抗優勝 | Main | 小峯、濱田選手結婚式 »

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31