« September 2004 | Main | December 2004 »

October 2004

代表合宿3

鈴鹿で行われている全日本チームのアジア選手権にむけての強化合宿だが、この間は室内なので台風がきても関係ないと書いたが、とんでもないことになった。なんと台風の影響で三重県内の公共施設が使用不可になってしまったのだ。選手スタッフは、現在ホテルで待機中。お隣のF!も本日は中止になり、明日の午前中に予選をおこなう日程に変更されている。

シャラポア

ジャパンオープンが連日盛況らしい。木曜日は平日にもかかわらず観客が1万人をこえたとのことだ。異例中の異例だろう。シャラポア人気のためらしい。テレビ放映しているNHKだけでなく民放でもがんがん放映している。先日も書いたようにジャパンオープンの女子はグレードが低い。男子のほうがずうっとすごい選手が来日しているが、すくなくともテレビでは、無視されている。シャラポアフィーバーである。美人選手といえばハンチコワも負けていないが、シャラポアはウィンブルドンチャンピオン。きれいなだけではない。スポーツではやはり勝つことが重要らしい。昨年の世界選手権も日本がもうすこし勝ってくれたら新聞種にもなっただろうな、と思う。たしかにあの結果ではマスコミも取り上げようが無いだろう。残念である。
それにしても個人的にはハンチコワのほうがずうっとかわいいが。さんまが結婚を申し込むのも当然だ。

代表合宿2

書き忘れたが、明日いやもうすでに今日からはじまる代表合宿は室内ハードコート(シェル?

国際交流

ネットに現れたソフトテニス情報。少し前だが世界選手権関連情報。
http://www.nhk.or.jp/otsu/program/610/sports/20031031.html

全日本ASTレポートについて

0926cover.jpg
全日本はASTメンバー数人が観戦(選手としての参加もあった)。それぞれにレポートしてもらっているのでそれをまとめたものをASTレポートとして発表予定。牙の編集もあるので、なかなか作業がすすまないが、できるかぎりはやくUPしたい。

自戒・・・

「無教養な者の不作法は彼らの無知に比例する。自分に理解できないことはすべてに対して、軽蔑をもって報いるのである」(ウィリアム・ハズリット)

ハズリットは19世紀イギリスの批評家。

代表合宿

今日まで広島でジュニアナショナルチームの合宿がおこなわれていたが、明後日からはいよいよ代表合宿がはじまる。場所は三重県鈴鹿スポーツガーデンシェルターコートhttp://www.garden.suzuka.mie.jp/。期間は8日〜12日午前中。日本の最先端を知りたいなら見学されたし。

JAPAN OPEN

DSCF0008.jpg
前回ついATPにカテゴライズしてしまったが、JAPAN OPENではグレードは少しおちるもののWTAのトーナメントも開催されている。
1999年、まだこの大会が春におこなわれていたころ、あのSHI-TING WANGをはじめてみた。彼女はアジアを代表する選手だったから名前だけは知っていたが、実際みるのははじめてだった。まさか半年後の世界選手権にでてくるなんて考えもしなかったが、たまたまビデオにもおさめてある。たしか日本の吉田由佳との対戦だったはずだ。台湾の予選は半年がかりでおこなうのですでにそのとき彼女はソフトテニスのトレーニングを開始していたかもしれない。
現在彼女は大学院生である。画像は昨年、台湾国体に取材にいったさい、とあるパーテイーで再会したASTメンバーとSHI-TING WANG。彼女は台南県の硬式テニスのコーチとして国体に参加していた。この日は彼女の誕生日でもあった。

JAPAN OPEN

東京でこれほど本格的な雨が続くのは全く例外的だろう。現在、有明ではジャパンオープンが開催中だが、スケジュールはめちゃくちゃになってしまった。明日は晴れそうだが、また週末にかけて崩れるらしい。
ジャパンオープンはチケットが必要なショーコートとフリーのアザ−コートがある。日程の後半はショーコートのチケットがないと、お話にならないが、前半から中盤にかけてはアザ−コートでも充分に堪能できる。ゲームもももちろんだが、超一流たちの練習をまじかでみることができるのだ。しかもタダで!!うまくすればサインももらえる。ジャパンオープンをみるなら前半というのが持論である。休んで行く価値は充分にある。選手関する知識が豊富だと、魅力は倍加、いや10倍になる。雑誌、CS等での勉強が実を結ぶ時だ。

全日本

全日本選手権のテレビ放映も4年目をむかえる。放映がなかった時代をおもうと夢のようだが、いざ始まってみると、いろいろと注文もでてくる。
まず放映時間、せめて90分とはいかないものか。ただでさえ短い試合時間のこの競技、カットされるとわけがわからくなくなる。
実況レベルも?である。なぜ森中さんがインタヴュ−担当で若手が実況なのか?新人研修の場か?コートもみずらい。床がむき出し、他の競技のラインもみえていてわけがわからない。なんとかカーペットをひけなかったものか。
とにかく続けてもらうことが第一であるが、レベルアップも同時に強くのぞみたい。

全日本に関してはASTでレポートを準備中。

Categories

The Art of Soft Tennis

pr

BOOK GUIDE

Soft Tennis HOMEPAGE

tweet

Soft Tennis HOMEPAGE


PR




試合動画play list

無料ブログはココログ

shop




  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31